獅子頭修理実績(一部)


子供用獅子頭の修理

(令和3年 10月)

BEFORE


2021年10月現在

子供用獅子頭を持ってこられたお客様が、5、6 年前に購入された際のお話をしてくださいました。

当時、獅子頭に見惚れて1時間も2時間も見ていたお子さんに初代知田清雲がその子に譲ってあげたらしいです。

その獅子頭が上の写真です。

ただいま、修理中です。

AFTER


初代知田清雲の作った子供用おもちゃ獅子を修理。

石川県加賀市の5年生の男の子、保育園の頃に父初代清雲が作った獅子、角外れ付け直し、カヤ(胴体)の布外れを太鼓鋲にて補強、毛(たてがみ)を白毛を追加増毛しました。

これで又、しばらくはこわれません。

大きくなったら、ぜひ地元の獅子舞に参加してほしいなあ。


個人のお客様所蔵の獅子頭修理

(令和3年6月)

BEFORE


 

個人のお客様所蔵の、初代知田清雲が約45年以上前に作った加賀獅子頭、耳が外れて修理しました。

AFTER


獅子頭修理after

メンテナンス

(2019年10月)

石川県内灘町大根布の加賀獅子頭、メンテナンスに知田工房に来ました。


嘉永5年(1852年)作 - 獅子頭修理

(2019年9月)

獅子頭修理

石川県金沢市泉の町所蔵の現役獅子頭。嘉永5年作。今現在も祭りにて獅子舞をしています。

この江戸時代に作られた獅子頭の金属製の歯を修理しました。


獅子頭修理

(2019年7月)

獅子頭修理before

石川県加賀市田尻町の獅子頭

  • 上顎前歯の噛み合わせクッションゴム付け替え
  • 固定クギビス付け替え

祭り用獅子頭修理

(2019年7月)

BEFORE


祭り用獅子頭修理

AFTER



加賀の名工、松井乗運(まついじょううん)作 加賀獅子頭修理

(2019年7月)

石川県金沢市朝の町校下獅子舞保存会所蔵の加賀獅子頭。

明治6年(1873年)に、加賀名工と伝わる松井乗運(まついじょううん)作の加賀獅子頭を修理しました。


皮張獅子頭修理

(2019年2月)

石川県内の皮張獅子頭修理しました。

獅子頭持手棒付け替修理


古い獅子頭修理

(2019年2月)

獅子頭修理

古い獅子頭を修理しました。

  • たてがい(馬の毛)付け替え
  • 敷布交換
  • 守り刀新作

獅子頭修理

(2019年2月)

獅子頭修理before

石川県内の獅子頭。下顎は歯医者(真鍮金具修理)に行っています


知田工房

-獅子頭修理・制作の専門工房-

〒920-2113

石川県白山市八幡町98

Tel :076-272-1696

fax:076-272-3169

Email : kagasisi@taupe.plala.or.jp

営業時間:9:00〜18:00

定   休  日:不定休

chidakoubou_inquiry_button